花粉症症状を軽減したい方へオススメのハーブティー

冬の寒さが和らぐにつれて、花粉症に悩まされる方が多いのではないでしょうか。
そんな毎年花粉症の症状に悩まされている方におすすめなのは、ハーブティーです。
ハーブティーの中には、飲んでリラックスできるだけではなく、花粉症の症状を緩和できるハーブティーもあります。
花粉症の症状を軽減するためには、医師による薬物治療も効果的ですが、やはり根本的な体質改善を図る必要があります。
ハーブティーの中には、体質改善やアレルギー症状を抑える作用を持つ成分が含まれるハーブティーがあります。


ルイボス
南アフリカ原産のハーブで、「不老長寿のお茶」として南アフリカの原住民たちの間で日常的に飲まれてきたハーブティーです。
活性酸素除去作用があり、フラボノイドが豊富でアレルギー症状にも有効と言われています。
ノンカフェインでくせのない味なので、お子様でも安心して飲めるハーブティーです。

ネトル
解毒作用と抗炎症作用があり、ビタミンC、B、Kや鉄分などのミネラル類を多く含むハーブティーです。
血液浄化作用をもつクロロフィルを多く含むため、体質改善が期待できるハーブティーです。

エルダーフラワー
抗酸化物質が含まれていて、免疫機能を向上させる作用があります。
喉や鼻など粘膜の炎症を抑える作用を持つので花粉症に優れた効果があると言われています。

アイブライト(セイヨウコゴメグサ)
花粉症による眼のかゆみを緩和する等眼に効くハーブと言われています。

ポットマリーゴールド(カレンデュラ)
リンパや免疫系の働きを促す作用があるため、花粉症症状の緩和によいとされています。

この中でも一番飲みやすくおすすめのハーブティーは、ルイボスティーです。
ルイボスティーは、抗酸化作用があるため、花粉症症状の緩和だけではなく、美容にも良いハーブティーです。
ルイボスティーの中でもおすすめのルイボスティーは、AMOMAのグリーンルイボスティーです。

花粉症症状軽減におすすめ AMOMAグリーンルイボスティー

栄養分豊富な非発酵タイプのグリーンルイボスを使用!

一般的なルイボスティーは発酵させて作るため、ルイボスの中に含むフラボノイド等の主要成分の含有量が減ってしまいますが、AMOMAのグリーンルイボスティーは非発酵タイプだから、ルイボスの栄養分を損なうことがなく摂取することができます。

ノンカフェインだから家族皆で飲める!

カフェインは摂り過ぎてしまうと不眠となってしまう刺激成分です。
AMOMAのルイボスティーはノンカフェインだから、カフェインの摂取を控えた方が良い妊婦やお子さん、授乳中のママ等家族皆で安心して飲むことができます。

低タンニンだから貧血予防にもよい!

お茶に含まれているタンニンは、鉄分と結びつき、鉄分の吸収を阻害してしまいます。
ルイボスティーに含まれるタンニン量は、緑茶の1/3と少ないため、鉄分が不足しがちとなる女性にもおすすめのハーブティーです。


参考資料

ベビ待ち中の方は、妊娠の準備としてカフェインフリーのお茶や飲み物がおすすめです。最近ではカフェインの入っていないデカフェのコーヒーというのもあります。妊娠してからカフェインフリーにするよりも、妊娠の前から摂取を控えたほうが良いと言われています。特に妊活にはノンカフェインのハーブティーが良いです。ルイボスティーなどは妊娠しやすくなるとも言われています。妊娠の準備として、妊活用にブレンドされたハーブティーなどもあって人気となっています。そして出産後に母乳で育てたいという方にもノンカフェインのハーブティーがおすすめです。母乳の出が良くなると言われるハーブティーなどが人気です。母乳育児中に飲みたいハーブティー

なかなか体重が減らないと悩んでいる方の間で注目のダイエット茶。ダイエット茶には、茶葉を発酵させて作るプーアル茶や天然素材を使ったハーブティーなどがあります。おすすめのダイエット茶は、味や効果を比較して、自分のダイエット目的に合ったお茶を選ぶことです。

たんぽぽの根から作られるコーヒーがたんぽぽコーヒーです。カフェインフリーだから、カフェインを控えたほうが良い妊婦の方でも飲むことができます。美味しい珈琲なら。たんぽぽコーヒー 人気ランキングで色々なものが紹介されています。

今ルイボスティーに注目が集まっています。ルイボスティーは美容や健康志向で人気のハーブティーです。多くのメーカーから様々出ているのでこちらを参考にすると良いでしょう。ルイボスティー おすすめランキング

たんぽぽの根から作られるお茶がたんぽぽ茶です。ノンカフェインだから、子どもからお年寄りまで飲むことができます。美味しいたんぽぽ茶をお探しなら、タンポポ茶 人気ランキングを参照。